製造・機械・部品|設計から変えていけるクラッド材の利用

【無料の企業PR広告】
■該当件数4件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 |
TOP > 製造・機械・部品 > バイメタル・ジャパン株式会社

設計から変えていけるクラッド材の利用


製品の設計では、材料をどう選んでいくかが重要になってきます。さまざまな情報の中から選定を進める必要があるでしょう。ですが、金属素材の場合、単体での材料を使うのが基本となってしまいます。思い込みもありますが、金属の特性を考えれば、当然の発想となってくるからです。この発想を大きく変化させてくれる存在がクラッド材です。2種類以上の異種金属を接合して作り出すクラッド材は、これまで単体で考えていた機能を超えることができるようになります。機能を超えられるのは、金属同士を増せるのではなく、接合するからです。お互いの性質や機能を残したまま利用できるのがクラッド材の特徴で夢のような話でもあるでしょう。単価の削減を考えても、クラッド材は有効な素材になってきます。設計で考えれば、大幅に広げてくれるようになるのは、すぐに想像がつくはずです。現実的に考えても、有効な素材となってくるため、設計思想に盛り込んでおくべきでしょう。